img-1

浮気調査の方法と興信所

配偶者や婚約者が浮気をしているようだ、となった場合、離婚や婚約破棄か再構築かとなりますが、まずは事実を明らかにするために浮気調査をする必要があります。不貞行為の証拠を掴むため、まずは興信所に頼んで調査をするのか、自力で調査するのかを決めましょう。


基本的にはその道のプロである興信所に浮気調査の依頼をするのがおすすめになります。


カメラや録音録画機器などが揃っていることと、尾行などのノウハウを持っているからです。

しかし、ある程度、不貞行為を行うタイミングがつかめていないと調査に必要な時間が多くなり、高額な費用が必要になります。また、数多くの興信所がありますが、残念ながらほんの一部ですが、悪質な会社が存在してしまっています。

弁護士から紹介してもらったり、各地域にある探偵調査士会などに相談して紹介してもらうのがよいでしょう。

金銭面の事情や、どうしても自分の手でやりたい、という場合は自力で浮気調査をすることになります。


調査をするためにはまず、必要なグッズを揃えましょう。

最低限必要となるのは、まず、レストランでの密会やラブホテルへの出入りなど有力な証拠をおさえるためのデジタルカメラです。

夜道でも撮影可能なものを選びましょう。

スマートフォンや携帯電話のカメラでは画質などの問題があるので、これらはサブとして使う程度にとどめましょう。自宅への連れ込みがある場合は、ICレコーダーを用意して、部屋に隠しておくと有力な証言などが録音出来る可能性があります。

小型のカメラを屋内に設置するという方法もありますが、設置する場所が難しく、また機材に対する知識やバッテリーの問題などがあるので、機械の扱いに自信がない人にはおすすめできません。

浮気とは、恋人や夫婦のパートナーがその関係を維持しながら、無断で他の異性と交際することをいいます。
これは法律上不貞と言われ、パートナーとしての貞操義務の不履行を意味しており離婚事由として規定されています。


しかし、これが認められるのは肉体関係にあったと認められるときです。
そのため、離婚をしたいときや相手と別れさせて関係を修復させたいときに相手側の有責であると証明するためなどに、浮気調査を行います。

また、浮気調査を行うことによって浮気相手に慰謝料請求などをすることができるようになります。
浮気調査を行うには、自分で行う方法と調査会社になどに依頼する方法があります。
証拠を掴むための手段や方法としては、尾行や張り込みなどを行って浮気の証拠をカメラやビデオで写真や動画の映像で確保します。

証拠能力としては弱いですが、パートナーのメールやSNSの内容なども浮気の証拠としては有効です。


また、ホテルなどの領収書やクレジット会社の明細、ETCカードの利用状況なども浮気の証拠となるため確保しておくこともおすすめです。中途半端な疑惑や感情だけで問いつめても相手がやってないと嘘をつき、浮気が分かりにくくなってしまう可能性もあります。
離婚するにしても再構築するにしても何の確証もなく問いつめては修復不可能となってしまうことも考えられるため、浮気調査を行って証拠を掴んでからパートナーと話し合いをすることで優位に話を進めることができます。







目的に応じたリムジンレンタル情報を選ぶ時のポイントを紹介いたします。

福岡で格安ホテル情報が満載です。

http://biz-journal.jp/2012/07/post_366_2.html

http://www.47news.jp/localnews/ishikawa/2016/08/post_20160831034909.html

https://4meee.com/articles/view/1001284

関連リンク

img-2

浮気調査に必要な資料を最初から用意しておく

浮気調査を調査会社に依頼するときには、浮気調査の対象となる相手の情報をしっかりと渡しておくことが大切です。調査会社の料金体系は、時間によって決まっています。...

more
img-3

浮気問題のことは浮気調査会社に相談するのがおすすめ

浮気問題に悩んでいる人はその問題を一人で抱えていても問題が解決する場合は少ないのではないでしょうか。そのようなときには浮気調査を専門にしている会社に相談してみるのは有効な手段です。...

more