img-1

浮気調査に必要な資料を最初から用意しておく

浮気調査を調査会社に依頼するときには、浮気調査の対象となる相手の情報をしっかりと渡しておくことが大切です。調査会社の料金体系は、時間によって決まっています。
基本的には情報さえ与えていれば1日3時間程度の調査で浮気をしているかどうかを確認することができますし、そのときにかかる費用は3万円程度が相場です。
浮気調査に関する情報収集は時間が必要になります。



最初から情報を渡しておくとその情報収集にかかる時間を短縮することが出来るため、対象となる人物の情報は事前に用意しておくことが最も理に適っているのです。


そうすることで、非常に安い費用で最高の結果を生み出すことが出来ます。



また、調査機関に調査を依頼するときには事前に余計な調査を独力でやっておかないように気をつけなくてはいけません。


これをやってしまうと、調査に関する成功率が下がることがわかっています。


一度そうした尾行などに気づいてしまうと相手もそれに対して警戒心を持ってしまうため、短期間に同じようなことを行うときちんとした調査をする事が不可能になってしまうのです。
相手が浮気をしているとわかった段階で調査を依頼するほうが、確実にはっきりとした結果を受け取ることが出来ます。



浮気調査は調査機関にとって最も多い調査の案件であるため、それらに必要な機材は全て会社が揃えてくれます。


依頼者は必要な情報を渡した後は黙って待っておくだけで良いので、安心して任せることが出来るのです。
恋人や配偶者の浮気の疑いがあっても、なかなかプロの探偵社や興信所に依頼するには勇気がいります。



探偵社や興信所の依頼した場合、素人が調査するよりも確実な証拠を掴みやすく、浮気の真相がすぐにわかるメリットがあります。



しかし、その分費用が高く、1時間だけでも2万から3万の調査費用が必要となってきます。



また、依頼された期間に浮気の証拠が見つからなかった場合でもその間にかかった経費は支払う必要があります。
浮気の証拠が掴めた場合には、探偵社の料金規定によっては成功報酬として調査費用とは別の料金を支払うこともあります。
そのため、自分でパートナーの浮気調査を行うほうが費用はかなり抑えることができます。
浮気調査では、事前に用意しておいたほうが便利な道具があります。

それは、相手の行動パターンを知るために便利なGPS機能が搭載された発信機や浮気相手との会話を録音できるICレコーダー、浮気相手とホテルや家に入る瞬間を撮影するためのカメラ、尾行を行うときに必要なかつらやメガネなどの変装道具です。

特に、自分で浮気調査を行うために尾行をするときは、相手に顔を知られているため必ず変装しておく必要があります。

素人が浮気調査を行うときに一番注意するのは、相手に気づかれないようにすることです。



特に男性が妻や彼女に対して浮気調査を行うときには最善の注意が必要です。



女性は、男性に比べるととても勘が鋭いため、調べていることに対して、勘づくことが多いからです。

関連リンク

img-2

気軽に探偵事務所に浮気調査の依頼をすることができる

配偶者の何気ない言動から、浮気をしているのではないかと疑う場合もあると思います。しかし何も証拠がないのに、そう確信することはできません。...

more
img-3

浮気問題のことは浮気調査会社に相談するのがおすすめ

浮気問題に悩んでいる人はその問題を一人で抱えていても問題が解決する場合は少ないのではないでしょうか。そのようなときには浮気調査を専門にしている会社に相談してみるのは有効な手段です。...

more