img-1

コールセンターで働くオペレーターは対応が上手い

ある商品を利用していて不都合なことが生じたり分からないことがわったら、その商品を販売している会社の相談窓口に電話することになります。現にそういった理由で、何回か電話をしたことのある人もいると思います。



大企業で販売している商品ともなると大量生産されているので、たくさんの人がその商品を購入し利用しているので、多くの人が相談窓口に問い合わせの連絡をすることになります。その場合に大企業の社員がその相談業務に当たっていては、たくさんの人員をそこに配置しなくてはならなくなるため多くの社員を必要とします。


これでは人件費が嵩んで仕方がありません。

そこで、このような相談業務をコールセンターを運営している会社に一任する企業があるのです。

もし相談業務について全てそういった会社に任せれば人件費も削減することができますし、コールセンターで働いている人達はオペレーターとして有能な人が多いので、その点に関しては企業の社員よりも対応の仕方が上手い場合が殆どです。

安いコストで信頼できるオペレーターに仕事を任すことができるとあって、企業のほうでもコールセンターを運営している会社にそういった相談業務等を委託する場合が多いのです。



そのため最近では、コールセンターを運営している会社がたくさんあります。

そういった会社で働く人の殆どは、アルバイトです。



求人情報などを見るとオペレーターを募集している会社を多く見かけますが、その理由はこういったところにあるのです。

アメリカでの購入代行の情報ならこちらを参考にしてください。

コールセンターでの仕事といっても、いくつか種類があります。



大きく分けると、かかってきた電話を受けるインバウンドと、電話番号のリストへ発信するアウトバウンドです。
どちらの場合でもコールセンターでは、相手の表情や仕草などから感情を読み取ることができないので、相手の声をよく聞くことが重要です。


時には、こちらが何か問いかけると、相手が無言になることもあります。

しかし、それは返答を考えている場合もあるので、落ち着いて待ちましょう。顔が見えない分、無言になるとつい何か話さなくては、と感じてしまいますが焦ってはいけません。また、普段の会話するスピードよりも、意識してゆっくり話すと良いです。

http://www.47news.jp/smp/localnews/tekuteku/imadoki/185204.php

電話越しだと、意外と聞き取りにくいものです。

http://girlschannel.net/topics/22876/

気が付けば早口になっていたりするので、常に意識しておきます。


特に対話相手が高齢者の場合には、ゆっくり過ぎるくらいでも、電話だと不自然に聞こえないものです。

そして、インバウンドでもアウトバウンドでも、最も大切なことは、電話をしている間は前を見て笑顔でいることです。

http://news.jorudan.co.jp/docs/news/detail.cgi?newsid=SU20151201101751

下を向いていたりすると、声は暗くなります。


笑顔でいると自然と声のトーンが上がり、相手に明るい印象を与えることができます。
もちろん、謝罪しなければいけないような場合は、別です。


コールセンターは、顔が見えなくても丁寧な対応をしていると、日々感謝をされる仕事です。

言葉遣いやマナーも、身につけ成長していくことが大切です。

関連リンク

img-2

浮気調査をする時には

どれだけ愛し合って結婚した男女であっても、時として裏切りの行為というものは起こります。それが浮気というもので、特に男性は子孫繁栄という本能が遺伝子レベルで組み込まれていて、ついついそちら方面に走りやすいところがあるのです。...

more
img-3

浮気調査や兆候を知る

恋愛や結婚で長い付き合いを続けていると相手が不審な行動に疑問がわいてきて不安に陥ることがあります。その不安や問題が大きくなると浮気調査ということが浮かびますが、実際に使うとなると再び悩みます。...

more