img-1

浮気調査や兆候を知る

恋愛や結婚で長い付き合いを続けていると相手が不審な行動に疑問がわいてきて不安に陥ることがあります。
その不安や問題が大きくなると浮気調査ということが浮かびますが、実際に使うとなると再び悩みます。


探偵はドラマや映画によく扱われていますし、テレビの浮気調査のコーナーに出てきて多少はイメージがあります。
さらに浮気調査の結果次第の先行きに不安にかられます。浮気調査の依頼や浮気願望はどちらも男女とも割合が全体の半分という結果が多く出ています。
ただ女性の浮気の方がばれにくいというのがいつの世も同じという結果があります。
浮気の兆候というのは行動や携帯の扱いによくでていることが多く、携帯電話の内容や連絡を悟られない行動や変におしゃれや自分以外の異性を想定した知識や、不自然な突然の外出や外泊が増えてきます。それらの行動を証拠にするための映像へ残すために相手を尾行しています。
浮気相手も多少の罪悪感やスリルがあるので接し方がよそよそしくなり、知らずに浮気への発想に至らない秘密行動をしています。



平然とあたりまえのようにしている人もいますが、探偵側は気付かれずに法律違反にならないようにという行動に注意しています。
決定的なホテルなどの滞在時間に至らない限りは物証というわけにはいきませんが、その後、関係を修復するのか離婚して慰謝料や裁判へとつながっていくのか、という決断に迫られます。
何事もないという結果が半分ほど出ているので、その場合は獲り越し苦労で終わるという結果です。どれだけ信頼し合っている夫婦や恋人どうしであったとしても、ちょっとした心の迷いや裏切りなどから浮気は始まっていきます。

浮気をしている側の特徴としては、平静を装いつつもどこかソワソワと落ち着きがなく、いつもと違った生活習慣などを行いがちです。



そういった異変をパートナーはつぶさに感じ取るもの。



そして浮気への不安と共に精神的なストレスも大きくなっていきます。



このようにして次第に事態を深刻化させていかないためにも、悪い芽は早いうちに摘み取ってしまうのが一番です。

そのためにまずは探偵や興信所を活用して浮気調査を行ってみるとよいでしょう。


浮気調査では熟練のスキルを持った調査スタッフが張り込みや尾行、聞き込みなどを行って、もしも浮気を確定させる決定的な証拠が見つかればその瞬間を映像や画像、音声ファイルなどの形でしっかりと記録します。



そうやって調査期間を終えた時点で浮気の有無をめぐる調査結果をレポートし、その根拠となる証拠もきちんと提出します。



これによってパートナーの浮気の有無ははっきりすることでしょう。

また、このような浮気調査が終わった後も、証拠を突きつけて改心を迫ったり、説得にあたるなどやらなくては行けないことが盛りだくさん。



探偵や興信所スタッフはこういった時に立ち会って依頼人の助けになることもあります。

さらに裁判沙汰になった時には弁護士を紹介したり、依頼人にとって有利になるようにサポートするなどのケアも惜しみません。こういった万全の体制で臨むことで依頼人にとって大きなメリットを呼び込むことに繋がるでしょう。



関連リンク

img-2

コールセンターで働くには強い心が必要です

コールセンターというのはとにかくストレスがたまる職場であることが通常です。それは何故かと言いますと、コールセンターには発信業務と受信業務がありますが、そのどちらも電話の相手から色々なクレームを受けることが多いからです。...

more
img-3

浮気調査は家ではしてはいけない

相手が浮気をしているのではないか、などさまざまな思惑が浮かんだときに浮気調査を専門家に頼むときがあります。本当にしているのではないか、と窺われるときのみに調査依頼をすることをオススメします。...

more